住宅減税の延長と贈与税非課税枠拡大方針

住宅減税の延長と贈与税非課税枠拡大方針

住宅取得のための親からの贈与に関して、去年は1500万円まで、今年は、1000万円まで贈与税の非課税をしていましたが、今年で終了の予定でした。

これを2013年までの2年間、1500万円までとして延長するそうです。

また、住宅取得の際の固定資産税を、一般住宅は3年間、マンションは5年間半額にする措置が2014年3月のでに延長とのことです。

これから住宅を購入する人にはありがたい話ですね。
ただ確定申告で住宅ローン減税を受ける措置にはとくにふれておらず、来年はさらに減税幅は100万円減りますので、今年のうちの方がとくでしょう。

ただこれらは、まだ民主税調の方針で、国会で決定されたわけではないのでご注意下さい。
page top