東日本大震災と、二重ローン

東日本大震災と、二重ローン

今東日本大震災での二重ローンの対策について検討がされています。

企業の復興、個人の住宅の再建、これらは、資金が無ければどうにもなりません。

もちろん、融資の拡充で、金利を低くしたり、限度額を大きくしたりということは、すでに行われています。

でもいくら融資を有利にあけられるようになったとしても・・・

すでに、国の事業ローンで融資を受けていたり民間のビジネスローンで融資を受けている企業が多いはずで、それまでも返済をしていかなければならない状態で、
さらに融資を受けても二重のローン返済となり、とても耐えられないと思います。

個人であっても、住宅ローンを新たに組む事ができるとしても、それまでの住宅ローンの返済が残っている場合、とても返済できないと思います。

たとえ住宅ローン借り換えを行ったとして一本化したとしても、収入源も失っている人も多いですし、もともと、住宅ローン自体そんなに余裕をもって支払っていた人はいないでしょうから。

確定申告して住宅ローン減税や控除を受ける程度の特例を設けたとて、無理なものは無理です。

二重ローンを緩和する措置をいくらしたところで、多くの場合はそんな体力は残っていないと思います。

唯一可能性のある方法としては、再建すれば必ず、収益が上がる事業に対しては、出資という形でファンド的なものを作る事だと思います。
page top